ニュース
» 2013年01月25日 21時50分 UPDATE

クルマもプラズマクラスターイオンで快適に――シャープ、車載タイプのプラズマクラスターイオン発生機「IG-EC15」を2月15日発売

カップホルダーに置ける省スペースタイプなので、設置もお手軽。

[ITmedia]

 シャープは、車載タイプのプラズマクラスターイオン発生機「IG-EC15」を2月15日に発売する。

 「IG-EC15」は、デンソーと共同で開発された車載向けプラズマクラスターイオン発生器で、車内のカップホルダーに立てて利用できる小型設計となっている。プラズマクラスターイオン濃度25000個/立方cmを発生しつつ、風路設計の最適化により標準モード時1.9Wの低消費電力と29dBの低騒音を実現。標準モードに加え、約2倍のプラズマクラスターイオンを放出するターボモードも搭載する。吹き出し口は方向が調節できる可変ルーバーとなっており、設置するカップホルダーの位置に合わせ、好みの方向にプラズマクラスターイオンが放出できる。

 本体カラーにはシャンパンゴールド・アクアブルー・クリスタルブラックの3色をラインアップし、価格はオープンプライス。


tm_130125_sharp01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう