ニュース
» 2013年01月29日 19時48分 UPDATE

最長357時間の長時間録音に対応――ソニー、ポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」「ICZ-R51」を2月21日発売

時計や液晶表示バックライトのオン/オフ機能も搭載されより便利に。

[ITmedia]

 ソニーは、ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R51」を2月21日に発売する。価格はオープンプライス(市場推定価格: 1万9000円前後)。

 「ICZ-R51」は、語学学習向けに便利なリピート機能やピッチコントロール機能などを搭載する「Rシリーズ」の最新モデル。従来モデル「ICZ-R50」の2倍となる8GBのメモリーを搭載し、AM/FMチューナーからMP3形式で最長約357時間の長時間録音が行える(MP3/モノラル48kbps時)。録音タイマーは20件設定可能で、新たに「時刻自動補正機能」や液晶表示バックライト用の「ライトボタン」、電源オフ時に時計として使用できる時計表示機能も用意される。また、内蔵メモリーのほかメモリースティックDuo/SDカード用スロット、USB端子を備えており、再生はMP3のほかWMA/AACにも対応する。さらに、内蔵アンテナのほかAM/FMそれぞれの外部アンテナも接続可能で、電波の弱い地域でも高感度の受信が行える。


tm_130128_sony01.jpgtm_130128_sony02.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう