ニュース
» 2013年02月13日 21時24分 UPDATE

毎分3万1000回の振動でいやなステインを除去――パナソニックは、電動歯ハブラシ「ドルツ」3モデルを5月1日に発売

2モデルには、歯にこびりついたステインを除去する、新開発のブラシが採用されている。

[ITmedia]

 パナソニックは、電動歯ハブラシ「ドルツ」3モデルを5月1日に発売する。価格はオープンプライス。

 「ドルツ」は、毎分3万1000回振動するリニアモーターを搭載した電動歯ブラシシリーズで、今回発売される3モデルのうち、「EW-DL32」「EW-DL22」の2モデルは毛の断面を円形からひし形に変えた新開発の「ステインオフブラシ」を採用。ブラシ背面に「舌ブラシ」を搭載。口臭などの原因となる舌表面の汚れも除去することが可能。「EW-DL32」にはステインオフブラシに加え、歯茎ケアや内頬が磨きやすい新開発の「オーバルブラシ」を同梱。上位モデルの「EW-32」には、ステインを協力に除去するアタッチメント「ステインオフアタッチメント」も用意され、それぞれステインオフブラシと取り替えて使用することができる。また、「EW-DE42」には「イオン用極細毛ブラシ」「イオン用2Wayシリコンブラシ」「やわらか歯間ブラシ」の3種類のブラシが付属する。


tm_20130213_doltz01.jpg 左から順に「EW-DL32」「EW-DL22」「EW-DE42」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう