ニュース
» 2013年02月18日 11時59分 UPDATE

モテ機 Vol.40:ふわふわ花粉の舞う季節到来! 「花粉症女子」への気配りでモテる作戦に出よ

2月に入り、スギ花粉が猛烈な勢いで飛んでいる。今年の花粉飛散量は例年の5〜6倍なんですって。そんな花粉から女子を守ってモテよ。

[池田園子,ITmedia]

 いよいよ本格的な花粉シーズンがやってきた。街はマスク一色といってもいいくらい、マスクマンがいっぱいだ。特に花粉症の女子はこの時期になると、物理的にも精神的にも泣きたくなる、というより自然と涙が出てツラい。また、鼻をかんでメークが落ちるわ、マスクをしてメークが落ちるわ、と悲惨な状況に追い込まれる。彼女らへの気配りでモテる方法をご紹介しよう。

スプレーで顔から花粉を徹底ガード

 最初にご紹介するのは、顔にシュッとひと吹きするだけで目や鼻、髪の毛から花粉をガードしてくれるスプレー「アレルシャット 花粉 イオンでブロック 160回分」だ。顔全体をコーティングしてくれる効果がある。吹きかけると顔全体がプラスイオンで覆われ、花粉を吸着して侵入を防いでくれるのだとか。筆者の女友達はこちらの愛用者で「メークの上からでも使えて最高!」と話していた。加えてスプレーにはヒアルロン酸が配合されているため、保湿効果も期待できそうなのが嬉しい。また、普通の花粉症の薬とは異なり、使って眠たくなることもない。デートに持参して貸してあげると 、気が効く男子だと思われること確実! 女子の声を聞いてみると「成分にヒアルロン酸が含まれているのは女子向けだよね」「メークや髪の毛の崩れを気にせず使えるのはポイントが高い」「女子力の高いアイテムだと思う」と大好評。1つは手に入れておきたいもの。

ah_mote1.jpg

ブラシで部屋への花粉持ち込みを防止

 衣類や外干しした洗濯物、ふとんなどから、花粉を吸い取る「花粉吸引ブラシ」も見逃せないアイテムだ。1日外出した日、私たちはどれくらいの花粉を自分自身や服につけたまま、部屋へ持ち帰るのだろうか。約2時間の外出だけでも、コートには3万個近くの花粉がつくという恐ろしいデータがある。ブラシではらうことで、花粉は5分の1近くにまで減るともいわれる。それを聞くと、ブラシを使わないなんてもう考えられない! それにしても、脱いだコートをそのままクローゼットに収めていた筆者……自宅には数万個の花粉がまん延しているのだろうな、と自覚してぞっとした。その次の瞬間に、花粉吸引ブラシを注文したことは言うまでもない。

ah_mote2.jpg

 このブラシを玄関先に置いておき、普段から花粉を落とすよう心がけよう。また、女子が家に来たときに貸してあげるといい。 室内ではマスクを外すことになるからこそ、部屋へあがる前に花粉をシャットダウンすることが大事だ。「このブラシ、私も欲しい」「こまやかな気配り、いいね」と女子からもかなり評価だった。持っておくとかなり重宝するアイテムだ。

空気清浄機で室内の花粉を吸収・分解

 最後にご紹介するのは、花粉モード付の空気清浄機「うるおい光クリエール」だ。緩やかな気流を起こして花粉が床に落ちる前にキャッチしてくれる。逆に風のないところでは、花粉はすぐに落ちてしまうそう。筆者の自宅の床には相当数の花粉が落ちていそうだ……怖すぎる。

 さらに、花粉を吸い込んだ後は、花粉の2層構造も分解してくれるので安心だ。これがあれば、女子を部屋にあげても、女子が鼻をむずむずさせたり、涙ぐんだりすることもない。 玄関でブラシを使って花粉をひと通り落としたあと、部屋の中でも安心安全というワケ! 「花粉モードって心強すぎでしょ」「これがあると、居心地いい部屋だろうなぁ」と女子も絶賛していた。1台あると困らない、空気清浄機の購入にためらっている男子は、迷わず花粉モード付のものを選ぶべし。

 非常に厄介な花粉。症状のある人にとっては深刻だ。そんな女子をケアしてあげる男子が、花粉シーズンにはモテるということを、今日ここに宣言しておきたい。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、花粉撃退グッズを購入したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう