ニュース
» 2013年02月26日 19時11分 UPDATE

2K、WWEのゲーム化権について複数年契約を締結

THQが手がけてきた格闘技「WWE」の公式ゲームは、今後2Kが発売に。開発はユークスが引き続き行う。

[ITmedia]
tm_20130226_wwe01.jpg

 Take Two InteractiveとWWEは、WWEが運営する格闘技「WWE」の全世界におけるゲーム化権についてTake Two Interactiveの子会社・2Kが全機種・全配給媒体関して複数年契約を締結したと発表した。複数年契約の年数については発表されていない。

 WWE関連ゲーム化については、これまでTHQが独占販売を行っていたが、同社は昨年12月に倒産。その後の動向が注目されていた。今回の契約に関し2Kのデビット・イスメイラーCOOは「WWEのシリーズは安定したAAAのタイトルであり、新しいパートナーとの独占契約にとても満足している。」とのコメントを発表。また、次期シリーズ「WWE14」は、現在販売中の「WWE13」に引き続きユークスにより開発されることも明らかにした。

All WWE programming, talent names, images, likenesses, slogans, wrestling moves, trademarks, logos and copyrights are the exclusive property of WWE and its subsidiaries. All other trademarks, logos and copyrights are the property of their respective owners.
2K Games and the 2K Games logo are registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. in the U.S. and other countries and used here under license.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう