ニュース
» 2013年03月12日 11時06分 UPDATE

Googleがなんとしゃべる靴「Talking Shoe」を開発

電脳メガネの次はしゃべる靴。加速度計やジャイロスコープでユーザーの動きを検知し、コメントを返す。

[ITmedia]

 電脳メガネを開発したGoogleが、今度はしゃべるハイテクシューズ「Talking Shoe」を開発しました。

ah_talkingShoe.jpg

 Talking Shoeは加速度計、ジャイロスコープ、圧力センサー、Bluetooth、スピーカーなどの技術を搭載したスニーカー。ユーザーの動きを検知して、ワイヤレスで携帯端末のWebアプリに送信します。アプリはその情報を解析してユーザーに話しかけたり、Google+にコメントを投稿したりします。例えばユーザーが休んでいると「退屈だ」、走り出すと「靴ひもに風が当たる感触が好きだ」といったように。

 しゃべる靴は「Art, Copy and Code」というデジタル広告実験の一環として作られたもの。「スニーカーをWebにつなげることで、物理的なものとデジタル広告空間の間にユニークな機会を作る」としています。

関連キーワード

Google | シューズ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう